孟子 梁惠王章句 下
 

孟子まうし

 

梁惠王りやうのけいわう章句しやうく 


1)  莊暴さうばうまみエテ孟子まうしばうまみわう。王グルニテスムコトヲがく。暴いまルナリ こたフルコト。曰、好ムコトハ何如いかん。 孟子曰、王之好ムコトはなはダシケレバすなは齊國せいこく庶幾ちかカランカ他日たじつまみエテ於王、王かつグルニ莊子さうしもつテストムコトヲ。有リヤトこれ。 王へんジテいろ寡人くわじんあらザルナリこのムニ先王せんわう之樂也。ムノミ世俗せぞく之樂。 曰、王之好ムコトダシケレバ、則庶幾カランカ乎。今之樂ケレバナリ いにしへ之樂。 曰、可キカクヲ
ひとたのシムトがく人樂シムトいづレカシキト。曰、不ともニスルニ。曰せうシムト、與しゆうシムト、孰レカシキト。曰、不ともニスルニしんメニハンがくいま-がくセンニこゝ百姓ひやくせい鐘鼓しようここゑ管籥くわんやくおとこぞツテマセかうべちゞメテはなすぢあひゲテ之好ムコト鼓樂なん使ムルヤわれヲシテいたきよく也。父子ふしスラ相見兄弟けいてい妻子さいし離散りさんスト。今王でん-れふセンニ於此、百姓聞車馬しやばおと、見喋ヤうぼう、擧ツテマセメテ而相告ゲテ、吾之好ムコト田獵、夫使ムルヤヲシテ於此也。父子スラ相見、兄弟妻子離散スト、不レバナリたみともニセ一レたのシミヲ也。
今王鼓-センニ、百姓聞鐘鼓之聲、管籥之音、擧ツテ欣欣然きん〳〵ぜんトシテリテ喜色きしよく而相告ゲテ、吾-キカキニ疾病しつぺい與。なにもつ鼓樂センヤ。今王田-センニ、百姓聞車馬之音、見喋ヤ之美、擧ツテ欣欣然トシテリテ喜色而相告ゲテ、吾王庶-キカキニ疾病與。何田獵センヤ。此他、ともニスレバナリたのシミヲ也。今王百姓ともニセバシミヲすなはタラン
莊暴見孟子曰、暴見於王。王語暴以好樂。暴未有以對也。曰、好樂何如。 孟子曰、王之好樂甚、則齊國其庶幾乎。 他日見於王曰、王嘗語莊子以好樂。有ゥ。 王變乎色曰、寡人非能好先王之樂也。直好世俗之樂耳。 曰、王之好樂甚、則齊其庶幾乎。今之樂猶古之樂也。 曰、可得聞與。
曰、獨樂樂、與人樂樂、孰樂。 曰、不若與人。 曰、與少樂樂、與衆樂樂、孰樂。 曰、不若與衆。 臣請、爲王言樂。 今王鼓樂於此、百姓聞王鐘鼓之聲、管籥之音、擧疾首蹙頞而相告曰、吾王之好鼓樂、夫何使我至於此極也。父子不相見、兄弟妻子離散。今王田獵於此、百姓聞王車馬之音、見喋ヤ之美、擧疾首蹙頞而相告曰、吾王之好田獵、夫何使我至於此極也。父子不相見、兄弟妻子離散。此無他、不與民同樂也。
今王鼓樂此、百姓聞王鐘鼓之聲、管籥之音、擧欣欣然有喜色而相告曰、吾王庶幾無疾病與。何以能鼓樂也。今王田獵此、百姓聞王車馬之音、見喋ヤ之美、擧欣欣然有喜色而相告曰、吾王庶幾無疾病與。何以能田獵也。此無他、與民同樂也。今王與百姓同樂、則王矣。
莊暴孟子に見えて曰く、暴王に見ゆ。王暴に語ぐるに樂を好むことを以てす。暴未だ以て對ふること有らざるなりと。曰く、樂を好むことは何如と。 孟子曰く、王の樂を好むこと甚だしければ、則ち齊國は其れ庶幾からんかと。 他日王に見えて曰く、王嘗て莊子に語ぐるに樂を好むことを以てすと。ゥ有りやと。 王色を變じて曰く、寡人は能く先王の樂を好むに非ざるなり。直だ世俗の樂を好むのみと。 曰く、王の樂を好むこと甚だしければ、則ち齊は其れ庶幾からんか。今の樂は猶ほ古の樂のごとければなりと。 曰く、聞くを得べきかと。
曰く、獨り樂を樂しむと、人と樂を樂しむと、孰れか樂しきと。曰く、人と與にするに若かずと。曰く、少と樂を樂しむと、衆と樂を樂しむと、孰れか樂しきと。曰く、衆と與にするに若かずと。 臣請ふ、王の爲めに樂を言はん。今王此に鼓樂せんに、百姓王の鐘鼓の聲、管籥の音を聞き、擧つて首を疾ませ頞を蹙めて相告げて曰く、吾が王の鼓樂を好むこと、夫れ何ぞ我をして此の極に至らしむるや。父子すら相見ず、兄弟妻子も離散すと。今王此に田獵せんに、百姓王の車馬の音を聞き、喋ヤの美を見て、擧つて首を疾ませ頞を蹙めて相告げて曰く、吾が王の田獵を好むこと、夫れ何ぞ我をして此の極に至らしむるや。父子すら相見ず、兄弟妻子も離散すと。此れ他無し、民と樂しみを同にせざればなり。
今王此に鼓樂せんに、百姓王の鐘鼓の聲、管籥の音を聞き、擧つて欣欣然として喜色有りて相告げて曰く、吾が王疾病無きに庶幾きか。何を以て能く鼓樂せんやと。今王此に田獵せんに、百姓王の車馬の音を聞き、喋ヤの美を見て、擧つて欣欣然として喜色有りて相告げて曰く、吾が王疾病無きに庶幾きか。何を以て能く田獵せんやと。此れ他無し、民と樂しみを同にすればなり。今王百姓と樂しみを同にせば、則ち王たらんと。

2)  齊宣王せいのせんわうウテ文王ぶんわういうはう七十里しちじふり。有リヤトこれ。 孟子こたヘテおいでんリト之。 曰ごとかくだいナルカ。 曰たみせうナリト。 曰寡人くわじん之囿四十里しじふりナルニ、民スハナリトなんゾヤ
、文王之囿方七十里ナルモ芻蕘すうぜうもの焉、雉兎ちと焉、ともニセリ。民スモナリト、不またうべナラ乎。しんはじメテルヤきやう、問ウテくに大禁たいきんしかのちヘテ。臣聞郊關こうくわんうちリテ囿方四十里ナリころ麋鹿びろくごとシトつみすなは方四十里ナルモつくルナリおとしあな於國うち。民以スモナリト、不亦宜ナラ
齊宣王問曰、文王之囿方七十里。有ゥ。 孟子對曰、於傳有之。 曰、若是其大乎。 曰、民猶以爲小也。 曰、寡人之囿方四十里、民猶以爲大何也。
曰、文王之囿方七十里、芻蕘者往焉、雉兎者往焉、與民同之。民以爲小、不亦宜乎。臣始至於境、問國之大禁然後敢入。臣聞、郊關之内有囿方四十里。殺其麋鹿者、如殺人之罪。則是方四十里、爲阱於國中。民以爲大、不亦宜乎。
齊宣王問うて曰く、文王の囿は方七十里と。ゥ有りやと。 孟子對へて曰く、傳に於て之有りと。 曰く、是のごとく其れ大なるかと。 曰く、民猶ほ以て小なりと爲すと。 曰く、寡人の囿は方四十里なるに、民猶ほ以て大なりと爲すは何ぞやと。
曰く、文王の囿は方七十里なるも、芻蕘の者も往き、雉兎の者も往き、民と之を同にせり。民の以て小なりと爲すも、亦宜ならずや。臣の始めて境に至るや、國の大禁を問うて然る後敢へて入る。臣聞く、郊關の内に囿有りて方四十里なり。其の麋鹿を殺す者は、人を殺す之罪のごとしと。則ち是れ方四十里なるも、阱を國の中に爲るなり。民以て大なりと爲すも、亦宜ならずやと。

3)  齊宣王問ウテまじハルニ鄰國りんごくルカみち
孟子こたヘテ、有仁者じんしやノミだいつかフルコトヲ一レせうゆゑたうかつ、文王昆夷こんい。惟智者ちしやノミフルコトヲ一レ。故大王だいわう獯鬻くんいく句踐こうせん。以フルたのシムナリ也。以フルおそルヽナリ也。樂シムたも天下、畏ルヽ。詩いは、畏レテこゝツト
王曰おほいナルカナげん矣。寡人くわじんやまひ。寡人好ムトゆうこたヘテ、王カレムコト小勇せうゆうシテけん疾視しつしシテ、彼いづクンゾヘテあたランヤ匹夫ひつぷ之勇ニシテてきスル一人いちにんものナリ也。王おほいニセヨ。詩いは、王かくトシテこゝいかこゝとゝのヘテりよ、以とゞクヲきよ、以あつクシしうさいはひ、以むかフト天下てんか文王之勇ナリ也。文王ひとタビリテやすンズ天下たみ
しよいは、天くだシテ下民かみんきみ、作たす上帝じやうていてうセント四方しはう。有ルモつみキモ罪、。天下なんヘテランヤトおとスモノこゝろざし一人いちにんかう-かうスレバ於天下武王ぶわう武王ゆうナリ也。すなは武王またひとタビいかリテやすンズ天下たみ
今、王亦一タビツテ而安ンゼバ天下之民、民おそレンノミ之不ルヲ一レこの
齊宣王問曰、交鄰國有道乎。
孟子對曰、有。惟仁者爲能以大事小。是故湯事葛、文王事昆夷。惟智者爲能以小事大。故大王事獯鬻、句踐事呉。以大事小者、樂天者也。以小事大者、畏天者也。樂天者保天下、畏天者保其國。詩云、畏天之威、于時保之。
王曰、大哉言矣。寡人有疾。寡人好勇。 對曰、王請無好小勇。夫撫劍疾視曰、彼惡敢當我哉。此匹夫之勇、敵一人者也。王請大之。詩云、王赫斯怒、爰整其旅、以遏徂莒、以篤周祜、以對于天下。此文王之勇也。文王一怒而安天下之民。
書曰、天降下民、作之君、作之師。惟曰其助上帝、寵之四方。有罪無罪、惟我在。天下曷敢有越厥志。一人衡行於天下、武王恥之。此武王之勇也。而武王亦一怒而安天下之民。
今、王亦一怒而安天下之民、民惟恐王之不好勇也。
齊宣王問うて曰く、鄰國に交はるに道有るかと。
孟子對へて曰く、有り。惟だ仁者のみ能く大を以て小に事ふることを爲す。是の故に湯は葛に事へ、文王は昆夷に事ふ。惟だ智者のみ能く小を以て大に事ふることを爲す。故に大王は獯鬻に事へ、句踐は呉に事ふ。大を以て小に事ふる者は、天を樂しむ者なり。小を以て大に事ふる者は、天を畏るゝ者なり。天を樂しむ者は天下を保ち、天を畏るゝ者は其の國を保つ。詩に云く、天の威を畏れて、時に之を保つと。
王曰く、大なるかな哉言や。寡人疾有り。寡人勇を好むと。 對へて曰く、王よ請ふ小勇を好むこと無かれ。夫れ劍を撫して疾視して曰く、彼惡くんぞ敢へて我に當らんやと。此れ匹夫の勇にして、一人に敵する者なり。王よ請ふ之を大にせよ。詩に云く、王赫として斯に怒り、爰に其の旅を整へて、以て莒に徂くを遏め、以て周の祜を篤くし、以て天下に對ふと。此れ文王の勇なり。文王一たび怒りて天下の民を安んず。
書に曰く、天下民を降して、之が君と作し、之が師と作す。惟れ其れ上帝を助け、之を四方に寵せんとなり。罪有るも罪無きも、惟れ我に在り。天下曷ぞ敢へて厥の志を越すもの有らんやと。一人天下に衡行すれば、武王之を恥づ。此れ武王の勇なり。而ち武王も亦一たび怒りて天下の民を安んず。
今、王も亦一たび怒つて天下の民を安んぜば、民惟だ王の勇を好まざるを恐れんのみと。

4)  齊宣王孟子雪宮せつきゆう。王曰賢者けんじやまたルカたのシミ
孟子こたヘテ、有。人レバすなはそしかみ矣。不シテ而非ナリ也。リテたみかみ而不ともニセ一レシミヲ亦非ナリ也。樂シム之樂シミヲ、民亦樂シムシミヲうれフルうれヒヲ、民亦憂ヒヲ。樂シムニテシ天下、憂フルニテス天下しかしかうシテわうタラいまルナリ これ也。
昔者むかし齊景公せいのけいこうウテ晏子あんし、吾ほつあそ轉附てんぷ朝儛てうぶしたがヒテみなみいたラント琅邪らうやわれなにヲカをさメテ而可キカなら先王せんわうあそビニ。晏子こたヘテイカナヒヤ也。天子クヲゥ侯しよこう巡狩じゆんしゆ、巡狩トハ者、めぐルナリまも也。ゥ侯てうスルヲ於天子、曰述職じゆつしよく。述職トハ者、ブルナリつかさど也。無あらザルこと。春たがやスヲおぎなルヲ、秋をさムルヲ而助ルヲきふことわざ王不ンバあそわれなにもつテカいこハン。吾王不ンバたのし、吾何テカカラント一遊いちいう一豫いちよゥ侯
いま也不しかキテ糧食りやうしよくスレドモウルラハらうスルやす睊睊けん〳〵トシテあひそしたみかくつみさかラヒテめいしひた飮食いんしよくスルコトごとルヽガ流連りうれん荒亡くわうばう諸侯しよこううれしたがツテながレニくだわすかへルヲこれりう、從ツテレニのぼ而忘ルヲ、謂れん。從ツテかりクコト、謂くわう、樂シンデクコト、謂ばう先王せんわうニハ流連之樂シミ、荒亡おこなノママナリおこな
景公よろこ、大くにデヽやどかうおいこゝはじメテ興發こうはつおぎなルヲシテ大師たいしメニつくレト君臣くんしん相説あひよろこがくけだ徴招ちせう角招かくせうレナリ也。其うたとゞムルモなんとがメント。畜ムトハよみスルナリ
齊宣王見孟子雪宮。王曰、賢者亦有此樂乎。 孟子對曰、有。人不得、則非其上矣。不得而非其上者非也。爲民上而不與民同樂者亦非也。樂民之樂者、民亦樂其樂。憂民之憂者、民亦憂其憂。樂以天下、憂以天下。然而不王者、未之有也。
昔者齊景公問於晏子曰、吾欲觀轉附・朝儛、遵海而南、放于琅邪。吾何脩而可以比於先王觀也。晏子對曰、善哉問也。天子適ゥ侯、曰巡狩、巡狩者、巡所守也。ゥ侯朝於天子、曰述職。述職者、述所職也。無非事者。春省耕而補不足、秋省斂而助不給。夏諺曰、吾王不遊、吾何以休。吾王不豫、吾何以助。一遊一豫、爲ゥ侯度。
今也不然。師行而糧食、飢者弗食、勞者不息。睊睊胥讒、民乃作慝。方命虐民、飮食若流。流連荒亡、爲諸侯憂。從流下而忘反、謂之流、從流上而忘反、謂之連。從獸無厭、謂之荒、樂酒無厭、謂之亡。先王無流連之樂、荒亡之行。惟君所行也。
景公説、大戒於國、出舍於郊。於是始興發、補不足。召大師曰、爲我作君臣相説之樂。蓋徴招・角招是也。其詩曰、畜君何尤。畜君者好君也。
齊宣王孟子に雪宮に見ふ。王曰く、賢者も亦此の樂しみ有るかと。
孟子對へて曰く、有り。人は得ざれば、則ち其の上を非る。得ずして其の上を非る者は非なり。民の上と爲りて民と樂しみを同にせざる者も亦非なり。民の樂しみを樂しむ者は、民も亦其の樂しみを樂しむ。民の憂ひを憂ふる者は、民も亦其の憂ひを憂ふ。樂しむに天下を以てし、憂ふるに天下を以てす。然り而して王たらざる者は、未だ之有らざるなり。
昔者齊景公晏子に問うて曰く、吾轉附・朝儛に觀び、海に遵ひて南し、琅邪に放らんと欲す。吾何をか脩めて以て先王の觀びに比ぶべきかと。晏子對へて曰く、善いかな哉問ひや。天子のゥ侯に適くを、巡狩と曰ふ、巡狩とは、守る所を巡るなり。ゥ侯の天子に朝するを、述職と曰ふ。述職とは、職る所を述ぶるなり。事に非ざる者無し。春は耕すを省て足らざるを補ひ、秋は斂むるを省て給せざるを助く。夏の諺に曰く、吾が王遊ばずんば、吾何を以てか休はん。吾が王豫まずんば、吾何を以てか助からんと。一遊一豫も、ゥ侯の度たり。
今や然らず。師は行きて糧食すれども、飢うる者は食らはず、勞する者は息まず。睊睊として胥讒り、民は乃て慝を作す。命に方らひて民を虐げ、飮食すること流るゝがごとし。流連荒亡は、諸侯の憂ひたり。流れに從つて下り反るを忘る、之を流と謂ひ、流れに從つて上り反るを忘る、之を連と謂ふ。獸に從つて厭くこと無き、之を荒と謂ひ、酒を樂しんで厭くこと無き、之を亡と謂ふ。先王には流連の樂しみ、荒亡の行ひ無し。惟だ君の行ふ所のままなりと。
景公説び、大に國に戒げ、出でゝ郊に舍る。是に於て始めて興發し、足らざるを補ふ。大師を召して曰く、我が爲めに君臣相説ぶ之樂を作れと。蓋し徴招・角招は是れなり。其の詩に曰く、君を畜むるも何ぞ尤めんと。君を畜むとは君を好するなりと。

5)  齊宣王ウテ、人皆こぼテト明堂めいだう。毀タンカこれメンカ。 孟子こたヘテ明堂ナル王者わうじや之堂ナリ也。王ほつセバハント王政わうせいすなはなかこぼツコト。 王曰、王政キカクコトヲ
ヘテ昔者むかし文王をさムルヤ也、たがやきう一、つかフルよゝニシろく關市くわんししらブレドモ而不はた澤梁たくりやうきんつみスルニマデセイテ而無キヲつまくわん、老イテ而無キヲをつとくわ、老イテ而無キヲ子曰どく、幼クシテ而無キヲちゝ四者ししや、天下窮民きゆうみんニシテ而無グルナリ。文王おこシテせいほどこスニじん、必さきニス四者。詩いはイカナメル人、あはレナリ㷀獨けいどく。 王曰イカナげん
、王シトセバすなは何爲なんすレゾルトおこな
王曰寡人くわじんしつ。寡人好ムトくわ
こたヘテ昔者むかし公劉こうりうメリ。詩すなはをさ。乃つゝ餱糧こうりやうたくなうおもをさメテもつおほイニセンコトヲ弓矢ゆみやこゝリタリ干戈かんくわ戚揚せきやうモテこゝはじメテおこストたびゆえ積倉しさう裹糧くわりやう也。しかのちメテ一レ。王如ミテ百姓ひやくせいともニセバおいタルニなにラント
王曰、寡人有疾。寡人好ムトいろ
ヘテ、昔者大王だいわう、愛セリ。詩古公亶甫ここうたんぽきたリテあしたはしラスしたがヒテ西水せいすゐほとりいたふもとこゝ姜女きようぢよこゝきたリテあひリトあたツテヤ也、うち怨女ゑんぢよそと曠夫くわうふ。王ミテ百姓ニセバ、於タルニラント
齊宣王問曰、人皆謂我毀明堂。毀ゥ、已乎。 孟子對曰、夫明堂者、王者之堂也。王欲行王政、則勿毀之矣。 王曰、王政可得聞與。
對曰、昔者文王之治岐也、耕者九一、仕者世禄、關市譏而不征、澤梁無禁、罪人不孥。老而無妻曰鰥、老而無夫曰寡、老而無子曰獨、幼而無父曰孤。此四者、天下之窮民而無告者。文王發政施仁、必先斯四者。詩云、批癜x人、哀此㷀獨。 王曰、善哉言乎。
曰、王如善之、則何爲不行。
王曰、寡人有疾。寡人好貨。
對曰、昔者公劉好貨。詩云、乃積乃倉。乃裹餱糧、于橐于嚢。思戢用光、弓矢斯張。干戈戚揚、爰方啓行。故居者有積倉、行者有裹糧也。然後可以爰方啓行。王如好貨、與百姓同之、於王何有。
王曰、寡人有疾。寡人好色。 對曰、昔者大王好色、愛厥妃。詩云、古公亶甫來朝走馬。率西水滸、至于岐下。爰及姜女、聿來胥宇。當是時也、内無怨女、外無曠夫。王如好色、與百姓同之、於王何有。
齊宣王問うて曰く、人皆我に明堂を毀てと謂ふ。ゥを毀たんか、已めんかと。 孟子對へて曰く、夫れ明堂なる者は、王者の堂なり。王王政を行はんと欲せば、則ち之を毀つこと勿れと。 王曰く、王政を聞くことを得べきかと。
對へて曰く、昔者文王の岐を治むるや、耕す者は九の一、仕ふる者は禄を世にし、關市は譏ぶれども征らず、澤梁は禁無く、人を罪するに孥までせず。老いて妻無きを鰥と曰ひ、老いて夫無きを寡と曰ひ、老いて子無きを獨と曰ひ、幼くして父無きを孤と曰ふ。此の四者は、天下の窮民にして告ぐる無き者なり。文王政を發して仁を施すに、必ず斯の四者を先にす。詩に云く、狽「かな富める人、哀れなり此の㷀獨と。 王曰く、善いかな言やと。
曰く、王如し之を善しとせば、則ち何爲れぞ行はざると。
王曰く、寡人疾有り。寡人貨を好むと。
對へて曰く、昔者公劉貨を好めり。詩に云く、乃ち積み乃ち倉む。乃ち餱糧を裹む、橐に嚢に。戢めて用て光いにせんことを思ひ、弓矢も斯に張りたり。干戈戚揚もて、爰に方めて行を啓すと。故に居る者は積倉有り、行く者は裹糧有り。然る後に以て爰に方めて行を啓すべし。王如し貨を好みて、百姓と之を同にせば、王たるに於て何か有らんと。
王曰く、寡人疾有り。寡人色を好むと。
對へて曰く、昔者大王色を好み、厥の妃を愛せり。詩に云く、古公亶甫來りて朝に馬を走らす。西水の滸に率ひて、岐の下に至る。爰に姜女と、聿に來りて胥宇りと。是の時に當つてや、内に怨女無く、外に曠夫無し。王如し色を好みて、百姓と之を同にせば、王たるに於て何か有らんと。

6)  孟子ヒテ齊宣王せいのせんわういは、王しん、有ランニたくシテ妻子さいし於其ともキテあそおよビテかへルニ也、すなはとう-たいセバ妻子、則いかこれセント
王曰テント
土師ししンバあたをさムルコト、則セント
王曰メント
四境しきやううちンバマラ、則セント
かへりミテ左右さいう
孟子謂齊宣王曰、王之臣、有託其妻子於其友而之楚遊者、比其反也、則凍餒其妻子、則如之何。
王曰、棄之。
曰、土師不能治士、則如之何。
王曰、已之。
曰、四境之内不治、則如之何。
王顧左右而言他。
孟子齊宣王に謂ひて曰く、王の臣に、其の妻子を其の友に託して楚に之きて遊ぶ者有らんに、其の反るに比びて、則ち其の妻子を凍餒せば、則ち之を如何せんと。
王曰く、之を棄てんと。
曰く、士師士を治むること能はずんば、則ち之を如何せんと。
王曰く、之を已めんと。
曰く、四境の内治まらずんば、則ち之を如何せんと。
王左右を顧みて他を言ふ。

7)  孟子まみエテ齊宣王せいのせんわう故國ここくナルものトハあらフニ喬木けうぼくヒヲ也、有世臣せいしん之謂ヒナリ也。王したシキしん矣。昔者むかしすゝムル今日こんにちルナリキヲモ
王曰、吾なにもつツテ不才ふさいテント
國君こくくんすゝムルハけんごとクスルガムヲまさルニ 使メントいやシキヲシテたつとキヲうとキヲシテ一レしたシキヲケンヤつゝし與。
左右さいうフモナリトいま也、ゥ大夫しよたいふ皆曰フモナリト、未也、國人こくじん皆曰ヒテナリトしかのちさつナルヲ焉、然もちヰヨ
左右皆曰フモ不可ふかナリトクコト、ゥ大夫皆曰フモ不可ナリト、勿クコト、國人皆曰ヒテ不可ナリト、然、見不可ナルヲ焉、然
左右皆曰フモシトころ、勿クコト、ゥ大夫皆曰フモシト、勿クコト、國人皆曰ヒテシト、然、見キヲ焉、然ゆゑ國人こくじん
ごとクニシテクノ、然シトたみ父母ふぼ
孟子見齊宣王曰、所謂故國者、非謂有喬木之謂也、有世臣之謂也。王無親臣矣。昔者所進、今日不知其亡也。
王曰、吾何以識其不才而舍之。
曰、國君進賢、如不得已。將使卑踰尊、疏踰戚、可不愼與。
左右皆曰賢、未可也、ゥ大夫皆曰賢、未可也、國人皆曰賢、然後察之、見賢焉、然後用之。
左右皆曰不可、勿聽、ゥ大夫皆曰不可、勿聽、國人皆曰不可、然後察之、見不可焉、然後去之。
左右皆曰可殺、勿聽、ゥ大夫皆曰可殺、勿聽、國人皆曰可殺、然後察之、見可殺焉、然後殺之。故曰、國人殺之也。
如此、然後可以爲民父母。
孟子齊宣王に見えて曰く、謂はゆる故國なる者とは、喬木有る之謂ひを謂ふに非ず、世臣有る之謂ひなり。王に親しき臣無し。昔者進むる所も、今日其の亡きをも知らざるなりと。
王曰く、吾何を以て其の不才を識つて之を舍てんと。
曰く、國君の賢を進むるは、已むを得ざるがごとくす。將に卑しきをして尊きを踰え、疏きをして戚しきを踰えしめんとするに、愼まざるべけんや。
左右皆賢なりと曰ふも、未だ可かず、ゥ大夫皆賢なりと曰ふも、未だ可かず、國人皆賢なりと曰ひて、然る後に之を察し、賢なるを見て、然る後に之を用ゐよ。
左右皆不可なりと曰ふも、聽くこと勿く、ゥ大夫皆不可なりと曰ふも、聽くこと勿く、國人皆不可なりと曰ひて、然る後に之を察し、不可なるを見て、然る後に之を去れ。
左右皆殺すべしと曰ふも、聽くこと勿く、ゥ大夫皆殺すべしと曰ふも、聽くこと勿く、國人皆殺すべしと曰ひて、然る後に之を察し、殺すべきを見て、然る後に之を殺せ。故に曰く、國人之を殺すと。
此くのごとくにして、然る後に以て民の父母たるべしと。

8)  齊宣王ウテたうはなけつ武王ぶわうツトちゆう、有リヤトこれ
孟子こたヘテおいでんリト之。
しんしいスルきみナランヤ
そこなじんこれぞく、賊者謂ざん殘賊ざんぞくひと一夫いつぷ。聞ケドモちゆうスルヲ一夫矣、いまルナリ スルヲ
齊宣王問曰、湯放桀、武王伐紂、有ゥ。
孟子對曰、於傳有之。
曰、臣弑其君、可乎。
曰、賊仁者謂之賊、賊義者謂之殘。殘賊之人謂之一夫。聞誅一夫紂矣、未聞弑君也。
齊宣王問うて曰く、湯は桀を放ち、武王は紂を伐つと、ゥ有りやと。
孟子對へて曰く、傳に於て之有りと。
曰く、臣の其の君を弑する、可ならんやと。
曰く、仁を賊ふ者之を賊と謂ひ、義を賊ふ者之を殘と謂ふ。殘賊の人之を一夫と謂ふ。一夫の紂を誅するを聞けども、未だ君を弑するを聞かざるなりと。

9)  孟子まみエテ齊宣王つくラバ巨室きよしつすなは使工師こうしヲシテもと大木たいぼく。工師レバ大木、則よろこビテサンフトにん也。匠人しやうじんリテニスレバ、則いかリテサン矣。
えうニシテ而學ベバさうニシテほつおこなハント。王曰ハヾしばらテヽなんぢ一レしたがヘト、則何如いかん。 今タンニ璞玉はくぎよくこゝいへど萬鎰ばんいつナリト、必使メン玉人ぎよくじんヲシテてう-たくいたリテをさムルニ國家こくか、則ハヾテヽ一レ而從ヘト、則なにことナランヤをしフルニ玉人-スルコトヲ
孟子見齊宣王曰、爲巨室、則必使工師求大木。工師得大木、則王喜以爲能勝其任也。匠人斵而小之、則王怒以爲不勝其任矣。
夫人幼而學之、壯而欲行之。王曰姑舍女所學而從我、則何如。 今有璞玉於此、雖萬鎰、必使玉人彫琢之。至於治國家、則曰姑舍女所學而從我、則何以異於ヘ玉人彫琢玉哉。
孟子齊宣王に見えて曰く、巨室を爲らば、則ち必ず工師をして大木を求めしむ。工師大木を得れば、則ち王喜びて以て能く其の任に勝ふと爲さん。匠人斵りて之を小にすれば、則ち王怒りて以て其の任に勝へずと爲さん。
夫れ人幼にして之を學べば、壯にして之を行はんと欲す。王姑く女の學ぶ所を舍てゝ我に從へと曰はゞ、則ち何如と。 今璞玉を此に有たんに、萬鎰なりと雖も、必ず玉人をして之を彫琢せしめん。國家を治むるに至りて、則ち姑く女の學ぶ所を舍てゝ我に從へと曰はゞ、則ち何を以て玉人に玉を彫琢することをヘふるに異ならんや哉と。

10)  齊人せいひとチテえん宣王せんわうウテあるい寡人くわじんなかレト一レルコト、或寡人レト一レもつ萬乘ばんじようくに萬乘之國五旬ごじゆんニシテ人力じんりよくニテハランいたこゝ。不ンバランわざは。取ルコトハ何如いかん
孟子對ヘテ、取リテ而燕たみよろこバヾすなはいにしへ之人おこな武王ぶわうレナリ也。取リテ而燕民不ンバルコト。古之人文王ぶんわうレナリ也。
萬乘之國ツニ萬乘之國簞食たんし壺漿こしやうシテむかフルハランヤ哉、クルナリ水火すゐくわ也。みづuます〳〵uあつケレバまたうつランノミ而已矣
齊人伐燕勝之。宣王問曰、或謂寡人勿取、或謂寡人取之。以萬乘之國伐萬乘之國、五旬而擧之。人力不至於此。不取必有天殃。取之何如。
孟子對曰、取之而燕民悦則取之。古之人有行之者、武王是也。取之而燕民不悦則勿取。古之人有行之者、文王是也。
以萬乘之國伐萬乘之國、簞食・壺漿以迎王師、豈有他哉、避水火也。如水u深、如火u熱、亦運而已矣。
齊人燕を伐ちて之に勝つ。宣王問うて曰く、或は寡人に取ること勿れと謂ひ、或は寡人に之を取れと謂ふ。萬乘の國を以て萬乘の國を伐ち、五旬にして之を擧ぐ。人力にては此に至らざらん。取らずんば必ず天の殃ひ有らん。之を取ることは何如と。
孟子對へて曰く、之を取りて燕の民悦ばゞ則ち之を取れ。古の人に之を行ふ者有り、武王是れなり。之を取りて燕の民悦ばずんば則ち取ること勿れ。古の人に之を行ふ者有り、文王是れなり。
萬乘の國を以て萬乘の國を伐つに、簞食・壺漿して以て王の師を迎ふるは、豈に他有らんや、水火を避くるなり。如し水u深く、如し火u熱ければ、亦運らんのみと。

11)  齊人せいひとチテえんゥ侯しよこうまさはかリテすくハント一レ。宣王曰、ゥ侯多タント寡人くわじんなにもつタント
孟子こたヘテしん七十里しちじふりニシテまつりごと天下てんかものたうレナリ也。いまルナリ 千里せんりおそルヽ也。
しよいは、湯はじメニせいスルニかつムト。天下しん東面とうめんシテ而征スレバ西夷せいいうら南面なんめんシテ而征スレバ北狄ほくてき。曰奚爲なんすレゾのちニスルトわれ。民のぞムコトごと大旱たいかん之望ムガ雲霓うんげい也。したがあきなひとゞマラたがやへんちゆうシテてうスルコト、若クニシテ時雨じうルガ、民おほいよろこ。書きみ。后きたラバよみがへラント
えんしいたグルニたみ、王キテせい。民以まさ すくハントおのれ水火すゐくわうちヨリ也、簞食壺漿たんしこしやうシテもつむかころ父兄ふけいけい-るゐ子弟していこぼ宗廟そうべううつサバ重器ぢゆうきいかこれシトセンヤ也。天下もとヨリおそせいつよキヲ也。今またばいスルニ而不ンバおこな仁政じんせいうごカサン天下へい也。王すみヤカニダシテれいかへ旄倪ばうげいとゞ重器はかツテ於燕しゆうキテきみしかのちラバすなはおよとゞムルニ
齊人伐燕取之。ゥ侯將謀救燕。宣王曰、ゥ侯多謀伐寡人者。何以待之。
孟子對曰、臣聞七十里爲政於天下者。湯是也。未聞以千里畏人者也。
書曰、湯一征自葛始。天下信之、東面而征西夷怨、南面而征北狄怨。曰、奚爲後我。民望之、若大旱之望雲霓也。歸市者不止、耕者不變。誅其君而弔其民、若時雨降、民大悦。書曰、徯我后。后來其蘇。
今燕虐其民、王往而征之。民以爲將拯己於水火之中也、簞食壺漿以迎王師。若殺其父兄、係累其子弟、毀其宗廟、遷其重器、如之何其可也。天下固畏齊之彊也。今又倍地而不行仁政、是動天下之兵也。王速出令、反其旄倪、止其重器、謀於燕衆、置君而後去之、則猶可及止也。
齊人燕を伐ちて之を取る。ゥ侯將に謀りて燕を救はんとす。宣王曰く、ゥ侯寡人を伐たんと謀る者多し。何を以て之を待たんと。
孟子對へて曰く、臣七十里にして政を天下に爲す者を聞く。湯是れなり。未だ千里を以て人を畏るゝ者を聞かざるなり。
書に曰く、湯一めに征するに葛より始むと。天下之を信じ、東面して征すれば西夷怨み、南面して征すれば北狄怨む。曰く、奚爲れぞ我を後にすると。民の之を望むこと、大旱の雲霓を望むがごとし。市に歸ふ者は止まらず、耕す者は變ぜず。其の君を誅して其の民を弔すること、時雨の降るがごとくにして、民大に悦ぶ。書に曰く、我が后を徯つ。后來らば其れ蘇らんと。
今燕其の民を虐ぐるに、王往きて之を征す。民以て將に己を水火の中より拯はんとすと爲し、簞食壺漿して以て王の師を迎ふ。若し其の父兄を殺し、其の子弟を係累し、其の宗廟を毀ち、其の重器を遷さば、之を如何ぞ其れ可しとせんや。天下固より齊の彊きを畏る。今又地を倍するに仁政を行はずんば、是れ天下の兵を動かさん。王速やかに令を出だして、其の旄倪を反し、其の重器を止め、燕の衆に謀つて、君を置きて而る後に之を去らば、則ち猶ほ止むるに及ぶべしと。

12)  すうたゝか穆公ぼくこうウテ有司いうしスル三十三人さんじふさんにんナリしかルニたみスルモノ也。ちゆうセントスレバすなはカラスルニ、不ンバしつ-シテ長上ちやうじやう之死スルヲモ而不すくいかセバカラン
孟子こたヘテ凶年きようねん饑歳きさいきみ之民、老弱らうじやくころガリ溝壑こうがく壯者さうしやさんジテ四方しはう幾千人いくせんにんナリキ矣。而ルニ倉廩さうりん府庫ふこツルニ有司いうしグルかみおごリテそこなフナリしも也。曾子そうしいましメヨメヨヅルなんぢかへ乎爾ナリいまニシテのちタルナリかへスコトヲ也。君無カレとがムルコト焉。君おこなハヾ仁政じんせいすなはしたシミかみ、死センちやう
鄒與魯鬨。穆公問曰、吾有司死者三十三人。而民莫之死也。誅之則不可勝誅、不誅則疾視其長上之死而不救。如之何則可也。
孟子對曰、凶年饑歳、君之民、老弱轉乎溝壑、壯者散而之四方者幾千人矣。而君之倉廩實、府庫充、有司莫以告。是上慢而殘下也。曾子曰、戒之戒之、出乎爾者、反乎爾者也。夫民今而後、得反之也。君無尤焉。君行仁政、斯民親其上、死其長矣。
鄒魯と鬨ふ。穆公問うて曰く、吾が有司の死する者三十三人なり。而るに民之に死するもの莫し。之を誅せんとすれば則ち誅するに勝ふべからず、誅せずんば則ち其の長上の死するをも疾視して救はず。之を如何せば則ち可からん也と。
孟子對へて曰く、凶年饑歳に、君の民、老弱は溝壑に轉がり、壯者の散じて四方に之く者は幾千人なりき。而るに君の倉廩は實ち、府庫も充つるに、有司以て告ぐる莫し。是れ上慢りて下を殘ふなり。曾子曰く、之を戒めよ之を戒めよ、爾に出づる者は、爾に反る者なりと。夫れ民は今にして後、之を反すことを得たるなり。君尤むること無かれ。君仁政を行はゞ、斯ち民は其の上に親しみ、其の長に死せんと。

13)  滕文公とうのぶんこうウテとう小國せうこくニシテ也、はさマレタリせいつかヘンカ乎、事ヘンカ
孟子こたヘテはかりごとあらザルナリおよ也。無クンバひと焉。うがいけ也、きづキテしろ也、たみいたシテ而民ンバ、則をさ
滕文公問曰、滕小國也、濶隷氏E楚。事齊乎、事楚乎。
孟子對曰、是謀非吾所能及也。無已則有一焉。鑿斯池也、築斯城也、與民守之、效死而民弗去、則是可爲也。
滕文公問うて曰く、滕は小國にして、齊・楚に閧ワれたり。齊に事へんか、楚に事へんかと。
孟子對へて曰く、是の謀は吾が能く及ぶ所に非ざるなり。已む無くんば則ち一つ有り。斯の池を鑿ち、斯の城を築きて、民と之を守り、死を效して民去らずんば、則ち是れ爲むべしと。

14)  滕文公ウテ齊人せいひとまさきづカントせつわれはなはおそいかセバカラント
孟子對ヘテ昔者むかし大王だいわうルニひん狄人てきじんをかセバツテキテ岐山きざんふもと焉。あらえらビテルニ一レ、不ルナリムヲ也。 いやしクモサバぜん後世こうせい子孫しそんラン王者わうじや矣。君子くんしはじげふレテとうスナリキヲ也。ごとキハ成功せいこうナリ也。君いかセンヤ哉。つとメテサンノミ而已矣
滕文公問曰、齊人將築薛。吾甚恐。如之何則可。
孟子對曰、昔者大王居邠、狄人侵之、去之岐山之下居焉。非擇而取之、不得已也。 苟爲善、後世子孫必有王者矣。君子創業垂統、爲可繼也。若夫成功則天也。君如彼何哉。彊爲善而已矣。
滕文公問うて曰く、齊人將に薛に築かんとす。吾甚だ恐る。之を如何せば則ち可からんと。
孟子對へて曰く、昔者大王邠に居るに、狄人之を侵せば、去つて岐山の下に之きて居り。擇びて之を取るに非ず、已むを得ざるなり。 苟くも善を爲さば、後世子孫に必ず王者有らん。君子は業を創め統を垂れて、繼ぐべきを爲すなり。夫の成功のごときは則ち天なり。君彼を如何せんや。彊めて善を爲さんのみと。

15)  滕文公問ウテとう小國ナリ也。つくシテちからつかフルモ大國たいこくすなはまぬかルヽコトヲ焉。いかセバカラント
孟子對ヘテ昔者むかし大王ルニひん狄人てきじんをか。事フルニテスレドモ皮幣ひへい、不ルヽコトヲ焉、事フルニテスレドモ犬馬けんば、不ルヽコトヲ焉、事フルニテスレドモ珠玉しゆぎよく、不ルヽコトヲ焉。すなはしよくシテ耆老きらうゲテ、狄人之所ほつスルもの土地とちナリ也。われケリ也、君子くんしゆゑ-やしな一レそこな二三子にさんしなんうれヘン乎無キヲ一レきみ。我まさ ラント。去ツテ梁山りやうざんいうシテ岐山きざんふもと焉。邠人ひんひといは仁人じんじんナリ也。不ルナリカラうしなしたが者如したがフガいち
あるいよゝまもルナリ也。あら之所也。いたシテなかレトルコト。君えらベト二者にしやヨリ
滕文公問曰、滕小國也。竭力以事大國、則不得免焉。如之何則可。
孟子對曰、昔者大王居邠、狄人侵之。事之以皮幣、不得免焉、事之以犬馬、不得免焉、事之以珠玉、不得免焉。乃屬其耆老而告之曰、狄人之所欲者吾土地也。吾聞之也、君子不以其所以養人者害人。二三子何患乎無君。我將去之。去邠踰梁山、邑于岐山之下居焉。邠人曰、仁人也。不可失也。從之者如歸市。
或曰、世守也。非身之所能爲也。效死勿去。君請擇於斯二者。
滕文公問うて曰く、滕は小國なり。力を竭して以て大國に事ふるも、則ち免るゝことを得ず。之を如何せば則ち可からんと。
孟子對へて曰く、昔者大王邠に居るに、狄人之を侵す。之に事ふるに皮幣を以てすれども、免るゝことを得ず、之に事ふるに犬馬を以てすれども、免るゝことを得ず、之に事ふるに珠玉を以てすれども、免るゝことを得ず。乃ち其の耆老に屬して之に告げて曰く、狄人の欲する所の者は吾が土地なり。吾之を聞けり、君子は其の人を養ふ所以の者を以て人を害はずと。二三子何ぞ君無きを患へん。我は將に之を去らんとすと。邠を去つて梁山を踰え、岐山の下に邑して居り。邠人曰く、仁人なり。失ふべからざるなりと。之に從ふ者市に歸ふがごとし。
或は曰く、世守るなり。身の能く爲す所に非ず。死を效して去ること勿れと。君よ請ふ斯の二者より擇べと。

16)  魯平公ろのへいこうまさデント嬖人へいじん臧倉ざうさうナルものウテ他日たじつきみヅレバすなはかならめい有司いうし一レ。今乘輿じようよすでセルニ矣、有司いまヘテフト
こうまさ ハント孟子まうし
なんゾヤ哉、君かろンジテさきダツコトヲ匹夫ひつぷものもつセルカけんナリト乎。禮義れいぎ賢者けんじやヅルニ、而孟子後喪こうさうエタリ前喪ぜんさう。君カレフコト
公曰だく
樂正子がくせいしリテまみエテ、君奚爲なんすレゾ孟軻まうか
あるヒトゲテ寡人くわじん、孟子之後喪エタリト前喪こゝもつルナリキテ
なんゾヤ哉、君ユトハ者。さきニハテシナガラのちニハテシ大夫たいふ、前ニハテシナガラ三鼎さんてい、而後ニハテセシカ五鼎ごてい
いなフナリ棺椁くわんくわく衣衾いきん
あらザルナリユルコトニ也。貧富ひんぷレバナリおなジカラ
樂正子まみエテ孟子こくきみ、君メニきたツテハントセシニ也、嬖人へいじんリテ臧倉ナルはゞ。君こゝもつルナリタサきたルコトヲ
クモ使せしムルモノこれとゞマルモとゞムルモノ。行クモとゞマルモあら一レクスル也。われ之不ルハ魯侯ろこうてんナリ也。臧氏ざうしいづクンゾ使メンヤわれヲシテ一レ
魯平公將出。嬖人臧倉者請曰、他日君出、則必命有司所之。今乘輿已駕矣、有司未知所之。敢請。
公曰、將見孟子。
曰、何哉、君所爲輕身以先於匹夫者。以爲賢乎。禮義由賢者出、而孟子之後喪踰前喪。君無見焉。
公曰、諾。
樂正子入見曰、君奚爲不見孟軻也。
曰、或告寡人曰、孟子之後喪踰前喪。是以不往見也。
曰、何哉、君所謂踰者。前以士後以大夫、前以三鼎、而後以五鼎與。
曰、否、謂棺椁・衣衾之美也。
曰、非所謂踰也。貧富不同也。
樂正子見孟子曰、克告於君、君爲來見也、嬖人有臧倉者沮君。君是以不果來也。
曰、行或使之、止或尼之。行止非人所能也。吾之不遇魯侯天也。臧氏之子、焉能使予不遇哉。
魯平公出でんと將に。嬖人の臧倉なる者請うて曰く、他日君出づれば、則ち必ず有司に之く所を命ず。今乘輿に已に駕せるに、有司は未だ之く所を知らず。敢へて請ふと。
公曰く、將に孟子に見はんとすと。
曰く、何ぞや、君の身を輕んじて以て匹夫に先だつことを爲す所の者は。以て賢なりと爲せるか。禮義は賢者より出づるに、孟子の後喪は前喪を踰えたり。君見ふこと無かれと。
公曰く、諾と。
樂正子入りて見えて曰く、君奚爲れぞ孟軻に見はざる也と。
曰く、或ひと寡人に告げて曰く、孟子の後喪は前喪に踰えたりと。是を以て往きて見はざるなりと。
曰く、何ぞや、君の謂はゆる踰ゆとは。前には士を以てしながら後には大夫を以てし、前には三鼎を以てしながら、而後には五鼎を以てせしかと。
曰く、否、棺椁・衣衾の美を謂ふなりと。
曰く、謂はゆる踰ゆることに非ざるなり。貧富同じからざればなりと。
樂正子孟子に見えて曰く、克君に告げ、君爲めに來つて見はんとせしに、嬖人に臧倉なる者有りて君を沮む。君は是を以て來ることを果たさざるなりと。
曰く、行くも之を使むるもの或り、止まるも之を尼むるもの或り。行くも止まるも人の能くする所に非ず。吾の魯侯に遇はざるは天なり。臧氏の子、焉くんぞ能く予をして遇はざらしめんやと。
1
○ 莊暴−斉国の家臣の名。
○ 何如−どんなものだろうか。
○ 庶幾し−まさに願ったりかなったりだろう。ほとんど問題が無いだろう。「庶幾」の意味・用法は辞書を参照。
○ 他日−後日。他に、以前・いつか等の意もある。
○ 變色−顔色を変える。むっとする。
○ 樂樂−「樂」は音楽・奏楽の意味では音「ガク」、楽しい・楽しむ・楽しみの意味では音「ラク」、好む意味では音「ガウ(ゴウ)・ゲウ(ギョウ)」、他に伯楽では「ラウ(ロウ)」となる。「楽(がく)して楽(たの)しむ」と訓む他にも、「楽(がく)を楽(たの)しむ」と訓めなくはない。孔子も自ら奏楽したが、後者の方が奏楽と視聴とを含むと考えた。「與(与)」との関わりでも、問題は無いはずである。なお、次の注も参照。
○ 請爲王言樂−これは当初の「音楽」から、後半で「楽しみ」一般に広がっている。古代では音の区別は無く、意味も兼ねていたのではないかともいう。
○ 鼓樂−楽を奏でる。
○ 管籥−笛。管は穴が六つあるもの。籥は穴が三つだけの小さな笛。
○ 擧つて−皆、揃って、誰しもが。
○ 疾首−頭を痛める、ひどく怒り恨む。
○ 蹙頞−鼻筋を縮めて皺を寄せる。
○ 使我至於此極−これほどに我々を苦しませる。
○ 田獵−狩猟。
○ 喋ヤ−鳥の羽と犛牛の尾を飾りに付けた旗指物。指図をする車の装飾。
○ 同樂−楽しみを共有する。
○ 欣欣然−喜ぶ貌。
○ 庶幾無疾病與−ご病気ではないようだ。=お変わりなくお元気でいらっしゃるようだ。前出の「齊其庶幾乎。」と呼応するか。
○ 何以〜也−(そうでなければ)どうして〜か。いや、〜ないはずがないのだ。=こうして鼓楽・狩猟を楽しんでいらっしゃるのが何よりの証拠だ。

2
○ 囿−鳥獣を飼った庭園。
○ 七十里−里は元来面積の単位であったらしく、三百歩四方を一里としていたが、後に三百六十歩四方を指したという。その一辺の長さをも一里といった。およそ四百メートル弱として七十里は二七、八キロメートル、四十里は一五、六キロメートルとなる。ただし、紀元前後の算術書に「今有田廣一里、從一里。問為田幾何。答曰、三頃七十五畝。」(『九章算術』方田)とあり、一頃(けい)=一〇〇畝(ほ)=約一・八ヘクタールとすると、一里四方の田地は約六・七六ヘクタールとなり、一里は「約二六〇メートル」となる。これによれば、四十里は約一〇キロメートル、七十里は約一八キロメートルとなる。
○ 傳−言い伝え、古記録、注釈等。「王在靈囿、麀鹿攸伏。麀鹿濯濯、白鳥鶴鶴。王在靈沼、於牣魚躍。」(『詩経』大雅「霊台」)が上篇(2)に出るが、これは「伝」ではない。
○ 猶ほ−それでもなお(まだ)。
○ 何也−どうしてか。
○ 芻蕘者−芻蕘は蒭蕘とも書く。草や柴を刈る賎業の者。
○ 雉兎者−鳥獣を狩る狩人。百姓の代わりに芻蕘者・雉兎者を引き合いに出したのは、後出の禁令との関わりによる。
○ 不亦宜乎−「宜」は「うべなり・むべなり」と訓ませる。反語による詠嘆形。いかにももっともなことではないか、の意。
○ 境−国境。
○ 郊關−郊外に設けられた関所。周代に都城を距(さ)ること五十里以内を「近郊」、百里以内を「遠郊」とした。郊外・近郊は日本語に残っている。
○ 如−同じ、相等。
○ 阱−獣などを狩る罠として設けた落とし穴。陥穽。
○ 國中−一国の中において。

3
○ 鄰國−燕・趙・韓・魏やさらには秦・楚などを指すか。
○ 惟だ〜のみ−限定形。ただ〜だけ。
○ 湯−太乙(大乙)・成湯とも呼ぶ。伊尹を抜擢し、夏の桀王を追放して滅ぼし、殷(商)を興した。周の武王と並べて湯武と呼び、天命を得て国を肇(はじ)めた名君とされたが、明示的に「放伐」を行った王たちでもある。殷は周からの呼び名であり、王朝は商と自称した。夏の諸侯であった時に亳(はく)に都城を置いた趾が殷墟だという。
○ 葛−殷の湯王(天乙)は先祖を祀らない隣国の葛に祭祀を勧めたが、葛国が恩に仇で報いたのでこれを攻め、周辺諸国を征するに至ったという(『孟子』滕文公下)。そこでは「葛伯」と呼んでいるので、これを「小」と見なしていることになる。五爵については、「天子之田方千里、公・侯田方百里、伯七十里、子男五十里。」(『礼記』王制)とあり、『孟子』(万章章句下篇)にも見える。
○ 昆夷−西方の馬族。犬戎。「三十六年春正月、諸侯朝于周、遂伐昆夷。西伯使世子發營鎬。」(『竹書紀年』帝辛)。最後は「西伯(文王)世子發(武王)をして鎬(鎬京)を營ましむ。」という意味。「文王」はその祖父である「大王(太王)」=古公亶父が正しいという。旧領地である豳(ひん)が北狄に圧迫され、岐山の麓に移住したが、文王の代までに国力を貯え、「昆夷(混夷)」=犬戎を駆逐したと伝える。(梁恵王下〔15〕参照。)「肆不殄厥慍、亦不隕厥問。(略)混夷駾矣、維其喙矣。」〔肆(こ)れ厥(そ)のチ(まつりごと)を殄(た)たず、亦厥の問(ほまれ)を殞(おと)さず、(略)混夷駾(のが)れ、維(こ)れ其れ喙(あへ)ぐ。〕(『詩経』大雅・文王之什「緜(めん)」)。「チ」は「怒り」ではなく、「禋」(音「イン」)=祭祀の意ともいう。中略部分までは「大王」からの事蹟、続くのが「文王」の事蹟に相当する。
○ 獯鬻−薫鬻・葷粥等の表記もある。北狄の名。この文がこの民族名の初見であるという。
○ 句踐−春秋時代後期の越王。孔子の時代の人である。呉王闔閭・夫差と代々対立した。伍子胥のために会稽山に籠って美女西施を夫差に献じるなどして命乞いをした。この「会稽の恥」を范蠡・文種の働きによってすすぎ、覇者となったが、「長頸烏喙」で猜疑心が強く残忍・貪欲なため、これを見限った范蠡は斉に逃れたと伝える。「臥薪嘗胆」の故事で知られる呉越戦争の勝者であり、春秋五覇に数える場合もある。
○ 畏天之威・・・−「伊嘏文王、既右享之。 我其夙夜、畏天之威、于時保之。」〔伊(こ)れ嘏(おほい)なる文王、既に之を右享(いうきやう)し、我其れ夙夜(しゆくや)し、天の威を畏れ、時(こゝ)に之を保んず。〕(『詩経』周頌・清廟之什「我将」)。「右享(右饗)」はもてなし勧める、「夙夜」は恐れ慎む、「時」は是の意。文王を宗廟に祀る詩という。孟子の解釈は天威を畏れることが国土を保全する条件になるという因果関係を導入した点からか、「断章取義」の例だとされる。孟子の真意は宣王を智者に位置づけ、大国の燕趙韓魏や秦楚とうまくやっていくことを暗示したのだろう。孟子の善鄰案は蘇秦・張儀の合従・連衡策にやや先んじているが、ほぼ同時代の外交策の提案だった。
○ 疾−欠点、性癖。
○ 撫劍−剣の柄(つか)に手を掛ける。「剣を按ず」ともいう。
○ 疾視−憎らしげに見る。睨みつける、睨(ね)めつける。
○ 惡くんぞ〜哉−反語形。どうして〜か、いや決して〜しはしないのだ。
○ 敢當−相手になろうとする。
○ 匹夫之勇−詰まらぬ者の示す勇気。血気に逸る蛮勇。
○ 王赫斯怒・・・−「密人不恭、敢距大邦、侵阮徂共。 王赫斯怒、爰整其旅、以按徂旅、以篤于周祜、以對于天下。」〔密人不恭にして、敢へて大邦を距み、阮を侵し共に徂く。王赫として斯に怒り、爰に其の旅を整へ、以て旅に徂くを按(とゞ)め、以て周の祜を篤くし、以て天下に對ふ。〕(『詩経』大雅・文王之什「皇矣」)。密は国名、大邦は周を指す。阮・共は地名。赫怒は激怒。「赫斯」の「斯」は「然」のような接尾語ともいう。旅は軍隊、徂は征。『詩経』では莒は旅となり、これも地名という。最後の対は揚で、「天下に對せらる」(称揚される)とも解する。文王が周に恭順を示さない密国の軍を防ぎ遏めた、という内容。
○ 書−書経。「天佑下民、作之君、作之師。惟其克相上帝、寵綏四方。有罪無罪、惟我在。天下曷敢有越厥志。」(『書経』周書「泰誓」上)。後半は「有罪無罪、予曷敢有越厥志。」とする本文もある。『孟子』所引の文章とは「佑−降」「綏−之」「克−曰」が異なる。「曰」は「〜ということである」意をとり、「〜となり」と訓んだ。「惟れ我に在り。」は「全く(その誅伐保全の)責め(責務)は自分にある。」という意味。王者の勝手な言い草である。「越」は「過つ」又は「殞す」の意という。
○ 而ち−してみると。(上篇に既出。)
○ 今−仮定の表現。仮りにここで。

4
○ 雪宮−斉の都城臨緇の東北門(雪門)の近くにあったという離宮。
○ 不得−このような楽しみを得られないと。
○ 然り而して−孟子の言葉に繰り返される語。そうでありながら、それなのに。
○ 昔者−昔。「者」は時を表す語の下に付く接尾語。古者(いにしへ)、今者(いま)、頃者(このごろ)、向者〔嚮者・曩者〕(さきに)等。
○ 齊景公−?〜前四九〇年(在位前五四七〜四九〇年)。春秋時代後期の斉の君主。晏嬰を宰相に抜擢し、百数十年前の覇者桓公に次ぐ繁栄期を斉に齎した。
○ 晏嬰−?〜前五〇〇年。字仲、諡平、後世晏子、晏平仲と呼ばれる。春秋時代の斉で霊公・荘公・景公の三代に歴仕した。司馬遷は桓公を補佐した管仲と並べて伝を立て、「假令晏子而在、余雖為之執鞭、所忻慕焉。」(『史記』管晏列伝)と評した。また、鄭の子産と共に名宰相とされる。『晏子春秋』はその言行録。
○ 吾觀轉附・朝儛・・・−景公説・・・の前まで『晏子春秋』内篇・問篇下にほぼ同じ話が載る。徴招・角招の話は典拠未詳。
○ 觀−見る、遊ぶ。
○ 轉附・朝儛−ともに山の名。現在の芝罘(しふ)山・成山という。
○ 琅邪−斉の東南国境辺の地名。
○ 遵ふ−循(めぐ)る、沿って行く。
○ 放る−至る。
○ 巡狩−天子が諸侯を視察すること。巡守。
○ 述職−諸侯が天子に職務を報告すること。
○ 無非事者−用事でないものはない。すべてが用事である。
○ 補不足−春、農作業に専念させることを『管子』(内言「戒」)には「游(いう)」、『晏子春秋』でも「遊」と呼ぶ。
○ 助不給−秋、人手を補充することを『管子』では「夕(せき)」、『晏子春秋』では「豫(よ)」と呼ぶ。春と秋を巡遊行楽でまとめたのは、本来の意味とは異なる「断章取義」の例であるかもしれない。夏の俗謡は「イウせずんば」「ヨ(セキ)せずんば」ではなかったか。
○ 豫−喜ぶ、楽しむ。
○ 度−規準、手本。
○ 師−大勢の供人、軍隊。
○ 糧食−『管子』に云うように、民衆から糧食を徴発することを指す。
○ 睊睊−(人民が)目をそばだてて憎らしげに見る貌。横目遣いをする。
○ 胥−互いに、皆。
○ 讒る−告げ口をする。
○ 乃−こうして。
○ 作慝−慝は隠れた悪行。租税の穀物を軍師に横流しすること。
○ 方らふ−逆らう。「方命」で巡幸本来の趣意に悖ることを暗示したものか。
○ 若流−水の流れのごとく果てしがない意。
○ 諸侯−斉の属国の君主や地方官を指す。
○ 從流下・從流上−船遊びを指す。『管子』では流と連の解釈がほぼ逆になっている。
○ 反る−引き返す。遊興に耽って家に戻らないことを「流連」といい、放蕩の遊客などが「帰るを忘る」ところから「いつづけ」と宛訓みする。
○ 獸−田猟を指す。
○ 流連之樂、荒亡之行−「流連荒亡」と熟してもいう。孟子の語は『晏子春秋』に基づく。「荒亡」の語は『管子』にも見える。「夫從南歴時而不反謂之流、從下而不反謂之連、從獸而不歸謂之荒、從樂而不歸謂之亡。古者聖王無流連之遊、荒亡之行。」(『晏子春秋』内篇「問篇」下)、「夫師行而糧食其民者、謂之亡、從樂而不反、謂之荒。先王有游夕之業於人、無荒亡之行於身。」(『管子』戒篇)
○ 惟君所行也−『晏子春秋』にはない。以下の景公の逸話も出所は不明。
○ 説ぶ−悦ぶ。説は音「エツ」。
○ 戒ぐ−告示する。
○ 舍る−宿る。民を視察する意を込める。
○ 興發−倉廩を発(ひら)いて穀物を給する。『晏子春秋』には「公曰善。命吏計公掌之粟、藉長幼貧氓之數。吏所委發廩出粟、以予貧民者三千鍾、公所身見癃老者七十人、振贍之、然後歸也。」(内篇「問」篇下)とある。
○ 大師−太師に同じ。楽官の長。
○ 徴招・角招−孟子の当時伝わっていた楽曲の名。招は韶。韶(韶舞)は帝舜が作ったと伝える宮廷舞楽。孔子が斉に伝承されていた韶を聞いて「三月肉の味を知らず。」というほど感動したのがこの韶である。「宮商角徴羽」の五声(音階)を「君臣民事物」に配することが行われたという。これから「君臣相説」を採ると宮商の二つになりそうだが、徴と角は事と民に相等する。民を省ることを事とする、という心か。
○ 畜−音「チク・キク・キュウ」等。君臣を景公と晏子とし、君の欲を諫止したものとして「トドむ」と訓む。「君臣相説」「好君也」から「ヨロコぶ」とする訓みもある。
○ 好す−好もしく思う、親愛する。

5
○ 明堂−泰山の明堂。天子が東方を巡狩する際、諸侯を参朝させる場所だったが、戦乱の世になり、名前だけの存在になったから壊す議論があったという。漢代まで遺址があったと伝える。泰山は斉にある。
○ 岐−周が西戎北狄から逃れて岐山の麓に建てた国。
○ 九一−納めるべき税が邑の収穫の九分の一であったこと。井田制を指す。朱熹は次のように注している。「九の一は井田の制なり。方一里を井と爲す。其の田(でん)九百畝(ほ)、中(うち)に井の字を畫(くわく)し、界(かい)して九區と爲す。一區の中を田百畝と爲す。中の百畝を公田と爲し、外の八百畝を私田と爲す。八家各私田百畝を受けて、同(とも)に公田を養ふ。是れ九分にして其の一を税するなり。〔九一者、井田之制也。方一里爲一井。其田九百畝、中畫井字、界爲九區。一區之中、爲田百畝、中百畝爲公田、外八百畝爲私田。八家各受私田百畝、而同養公田。是九分而税其一也。〕(朱熹『孟子集註』)
○ 世禄−代々俸禄を世襲する。名詞では「せいろく」と訓む。
○ 關市−関所と市場。
○ 譏ぶ−調べる。取り締まる。
○ 征−税。徴税する。
○ 澤梁−沼沢での漁や魚を獲る簗(やな)
○ 孥−妻子。妻子を連座させて処罰すること。
○ 鰥−やもお。男やもめ。寡夫。
○ 寡−やもめ。寡婦。
○ 獨−ひとりみ。独居老人。
○ 孤−みなしご。孤児。
○ 四者−鰥寡孤独と総称する。
○ 無告者−窮状を訴える所が無い者。
○ 批癜x人・・・−「佌佌(しゝ)たる彼に屋(をく)有り。蔌蔌(さく〳〵)たるに方(まさ)に穀有り。民は今之れ祿(さいはひ)無し、天夭(えう)是れ椓(そこな)ふ。狽「かな矣富める人、哀れなり此の惸獨(けいどく)。〔佌佌彼有屋、蔌蔌方有穀。民今之無祿、天夭是椓。批癜x人、哀此惸獨。〕」(『詩経』小雅・節南山之什「正月(せいげつ)」)。佌佌は卑小、蔌蔌は卑賎、穀は禄、夭は禍、椓は打撃・残暴の意という。惸獨は独り身・孤独者の意。
○ 善哉言乎−斉王は合槌を打つだけである。
○ 何爲れぞ−どうして〜。疑問形。
○ 疾−悪い性癖。
○ 貨−貨財。
○ 公劉−后稷の後裔。夏の圧制を避け、邰の地から移住し、西戎を放逐して周の故地である豳(ひん)に土着したと伝える。
○ 乃ち−語調を整える助字。『詩経』(大雅・生民之什「公劉」)では「迺ち」に作る。
○ 積−積む・貯えるは音「セキ」、貯え・貯蓄は音「シ」。移住のための穀物を野積みする。「倉」と並べる表現。
○ 倉−倉に蔵める。
○ 裹む−包む。
○ 餱糧−乾(ほしいい・かれいい)。糇・糒・糗等も同じ。行軍・旅行用の携帯用常備食。蒸した米を乾かしたもの、数ヶ月から数年、または二〇年も保存できるといわれる。そのまま噛ったとも言われるが、水や湯で戻したものを食べることが多かったに違いない。桜餅に使う道明寺粉は糯米(もちごめ)の糒を粉末にしたものだそうである。
○ 橐・嚢−橐は小袋、嚢は大袋。嚢橐と熟しても使う。嚢は底があり、橐は底が無く胴巻のように両側でしぼる袋ともいう。
○ 戢−「戢、詩作輯。」(朱熹『孟子集註』)。『中国の古典』では「戢(あつ)めて用(もつ)て光(おほ)いにせんと思ひ」と訓む。『新釈漢文大系』では音「シュウ」は熠の仮借で「輝く」意といい、思を発語の辞とみて「思(こゝ)に戢(かゞや)かに用て光(かゞや)かに」と訓ませている。ここでは前者をもとに、『孟子』原文に従って、人民を「あつむ」よりも糧食を「をさむ」と訓み替えた。
○ 用て−以て。
○ 光−大の意ととる。「光被」「光明正大」(公明正大は俗用)等の例もある。「思安集其人民、以光大其國家也。」(朱熹『孟子集註』)。誉(ほまれ)とする訓みもある。
○ 干戈戚揚−干(たて)・戈(ほこ)・戚(まさかり)・揚(おの)。干戈で武具、戚揚は斧鉞(ふえつ)の意。「戚斧也。揚鉞也。」(朱熹『孟子集註』)『大系』は戚を攸(乃)の仮借として「すなはち」と訓ませるが、音は通じているのかどうか。前句との対で戚を斯の誤りとする解も挙げている。次の啓行と同じく、辞書に登録された意味でとりあえず訓んだ。
○ 啓行−旅立つ意。「啓行(たびだ)つ」としてもよい。「行」は行旅なので、動詞と分けて訓んだ。『大系』に出立の儀式とする。
○ 居者−故地に残る者。
○ 然後以爰方−遠行するものは十分な糧食を聚めて、始めて旅ができる。「適百里者宿舂糧、適千里者三月聚糧。〔百里を適(ゆ)く者は宿(かね)て糧を舂(つ)き、千里を適く者は三月(さんげつ)糧を聚(あつ)む。〕」(『荘子』内篇「逍遥遊」)。「方」は今やまさに、の意。
○ 大王−古公亶甫(古公亶父)。古公は本号。大王(太王)は追尊の号という。太公とも呼ばれた。文王の祖父。引用の『詩経』(大雅・文王之什「緜(めん)」)には、豳(ひん)から姜族の妻と岐山の麓に移住する伝承と孫の文王の代に昆夷を服属させた功績を謳う。
○ 妃−后妃(きさき)
○ 來−語調を整える助字ともいう。その場合、「ここに」等と訓ませる。
○ 西水−陝西省の沮水、または詩に謳う漆の川を指すという。漆水は豳(邠)にあるとも、岐山の辺にあるともいう。「緜」に謳う移住を后稷の封土である邰(たい)から豳へとするか、豳から岐へとするかによる。
○ 率ふ−循(したが)う。沿って行く。
○ 滸−水涯、岸辺。『水滸伝』の標題は、山東省の大沼沢地であった梁山泊を舞台としたからという。
○ 及−與・与。〜と。
○ 聿−ここに、これ。
○ 姜女−大姜(太姜)と呼ばれる。
○ 胥−相。(前出)
○ 宇−居る。居処。名詞の例は「眉宇」がある。
○ 怨女−縁遠い女。
○ 曠夫−独身者。

6
○ 遊ぶ−遊学する、旅行する。
○ 比−〜するにおよびて、〜するころほひ。
○ 凍餒−友人が世話を怠っていたために妻子が飢えこごえること。
○ 如之何−(これを)どうするか。如何は方法を問う。代名詞「之」を挟む形になることに注意。
○ 棄つ−交際を絶つ。
○ 士師−獄官。裁判官・司法官。大司寇・小司寇の下で獄を断ずる官。下官に遂士・縣士・方士等があった(『周礼』秋官司寇)
○ 士−官吏。
○ 已む−罷免する。
○ 四境−四方の国境。「四境之内」で国内の意。
○ 左右−近侍・近臣たち。
○ 言他−他事(よそごと)を言う。話しを逸らす。

7
○ 故國−古くからある国、建国の古い国。故郷・母国の意味もある。
○ 喬木−年数を経た大木。「喬」は「夭」(曲がる意)と「高」の省略形との合字。上部の曲がった高木。ここでは、国家の象徴としての社の大木を指すという。
○ 世臣−譜代の臣下。
○ 謂ふ−意味する。〜のことを指す。名詞では、意義・いわれ・わけ・〜ということ等の意味。
○ 進む−推挙する、抜擢する。
○ 不知其亡−いるかどうかも分からない有様。親任している人物がいないので、頭数だけ揃えている感じであることを指す。
○ 舍つ−捨てる。役立たない者を選び捨てる。今から精選するにはどうするか、という発想の仕方。
○ 踰ゆ−地位を乗り越える。
○ 戚−親しい。近しい。
○ 愼む−慎重に(心して)行う。
○ 可不−〜しないでよいものか。いや、とうていよろしくない。
○ 可く−許可する、承諾する。
○ 聽く−聴き入れる、許容する、従う。〔例〕 聴許(ていきょ)
○ 勿−無・莫。
○ 去る−退ける。遠ざける。除く。
○ 曰國人殺之−「九月、衛人殺州吁于濮。其稱人何。討賊之辭也。」「冬十有二月、衛人立晉。晉者何。公子晉也。立者何。立者不宜立也。其稱人何。衆立之之辭也。然則孰立之。石碏立之。石碏立之、則其稱人何。衆之所欲立也。衆雖欲立之、其立之非也。」(『春秋公羊伝』隠公四年)。人と称するのは貶称の場合もあり、ここに云う国人の場合もある。(他に成公一六年、一八年の記事等もあるという。)兄である衛桓公を弑逆した州吁(しゅうく)を石碏(せきしゃく)が謀って濮(ぼく)の地で殺させ、公子晋が国人の総意で宣公として即位したという記事。前文の「衛人」は石碏を指し、後文の「衛人」は衛の衆人を指す。このような春秋の体例を指したものと思われる。「賊」もここに例をとるか。
○ 民之父母−「豈弟君子、民之父母。」(『詩経』大雅・生民之什「泂酌」)。「天子作民父母、以為天下王。」(『書経』周書「洪範」)。その他、父の尊と教、母の親と養を関連づけるなどの例がある。

8
○ 放つ・伐つ−禅譲に対する放伐を指す。追放・放逐と討伐。朱熹は放置と解するという。それを承けて「放(お)く」とも訓む。『書経』に放の例(商書「仲虺之誥」)、伐(商書「湯誓」・周書「武成」)があるが、放伐と熟した例は、あるいはこの章が始めか。
○ 桀・紂−夏桀と殷紂、周の脂、・幽王等は悪王の代名詞とされる。夏の桀王は末喜(ばっき)に迷って「肉山脯林」に興じ、殷の紂王は妲己(だっき)のために「酒池肉林」「炮烙之刑」を行い、周の幽王は褒姒(ほうじ)を笑わせるために偽の烽火を挙げて諸将に見限られる等、いずれも悪女に迷って王朝を傾けたとされる。
○ 可乎−果してよい(許される)ものだろうか。
○ 賊ふ・残−害する。
○ 一夫−「古人有言曰、撫我則后、虐我則仇。獨夫受洪惟作威、乃汝世仇。」(『書経』周書「泰誓下」)。「獨夫受」は「獨夫紂」のことという。
○ 誅す−罪を責めて処刑する。この章は、前の「國人殺之」に続く内容の議論である。

9
○ 巨室−広壮な建築物。宮殿などを指す。
○ 工師−工人の長。大工の棟梁。「命工師令百工審五庫之量、金鐵、皮革筋、角齒、羽箭干、脂膠丹漆。」(『礼記』月令)
○ 勝任−職務をこなすだけの能力がある。「勝ふ」は持ち堪(こた)える意。
○ 匠人−大工、職人、技能者。
○ 斵る−切る、削る。斵は音「タク」。
○ 姑く−とりあえず、一時的に。〔例〕 姑息。
○ 則何如−そうした場合、どんなものだろうか。修辞疑問の表現。
○ 璞玉−掘り出したままの粗玉(あらたま)。宝玉の原石。
○ 萬鎰−鎰は金(きん)を量る単位。一斤が銀一六両、一鎰が銀二〇両(又は二四両・三〇両)という。一鎰は銀約三二〇グラムに相当する金の重さ。
○ 玉人−玉を磨く職人。宝石細工師。玊(きゅう)人。
○ 彫琢−彫って琢(みが)く。
○ 何を以て−どうやって、どうして。反語形。この章の比喩は前半との呼応が緊密でなく、反発の語気が強い。王の拡大政策に対して内政の充実を訴えたものか。後半は治国における儒家の専門性を尊重すべきことを主張している。

10
○ 齊人伐燕−前記『春秋』の筆法に従えば、「齊人」とした言い方には貶称の気味がある。『史記』には斉湣王一〇年に斉が燕に大捷したとする。『竹書紀年』により、この戦い(前三一四)は宣王六年に当たるとされる。斉王は燕王噲を殺し、宰相を追放して燕を服属させた。(二年後、斉は噲の庶子に空位であった燕王の地位を継がせた。これが「先従隗始」の故事で郭隗を登庸した昭王である。)
○ 天殃−大国の燕に勝利したのは天意であり、これを併合しなければ天意に悖戻することになる、という理屈づけである。日ごろ王道を説き聞かされて閉口していたので、武力侵略の正当性を誇示しようとしたものか。孟子は民を基点に文王・武王の権威を盾として覇王をやり込める。
○ 文王−放伐を行った武王に対して、終始殷に臣従した文王を上に立てる名分論の立場をとったものか。
○ 簞食壺漿−簞は竹を編んだ破籠(わりご)、漿は飲料・汁。食は食物の意味で「シ」と訓む。破籠や壺に食べ物・飲み物を入れて進駐軍を迎え入れる意。
○ 師−軍隊。
○ 豈有他哉−ほかでもない。「豈に〜せん哉(や)?!」は反語形。
○ 水火−水に溺れ火に焼かれるような非常な苦しみ。洪水や火災などの禍がもとか。
○ 運る−移る、巡る。都合のよい方に転がっていく、他に救いを求めるという含意。

11
○ 取る−征服する、服属させる。
○ 謀る−謀議する、協議する。
○ 何を以て−どのようにして、どうやって。
○ 待つ−対処する。
○ 七十里−方七十里、七十里四方。方七十里は伯のクラスの国家規模とされ(『礼記』)、成湯(商湯)は夏の方伯=諸族の長だった。
○ 一征自葛・・・−「初征自葛。東征西夷怨、南征北狄怨、曰奚獨後予。攸徂之民、室家相慶、曰徯予后、后來其蘇。」(『書経』商書「仲虺之誥」)
○ 西夷−夷は東夷だけでなく異民族一般の呼称にもなった。〔例〕 夏夷。
○ 奚爲れぞ−どうして。
○ 雲霓−雲と虹。大雨が降って、その後虹が出る頃には干魃(かんばつ)に苦しんだ大地は蘇生している。「大旱に雲霓を望むがごとし。」と訓んだ方が分かりやすい。
○ 歸市者−商売人たち。
○ 不止・不變−日常の営みを遮られることがない。
○ 弔す−憐れむ、慰める。撫民。
○ 時雨−ちょうどよい時に降る雨。慈雨。
○ 以て爲す−みなす、思う。
○ 拯ふ−救う。
○ 係累−捕縛する。拿捕(拏捕)する。拘束する。
○ 宗廟−(天子・ゥ侯の)先祖の霊廟。祖霊堂。
○ 重器−宝物。
○ 如之何−いったいどうして〜だろうか。
○ 可−可とする、よしとする。認める。
○ 固より−前から。元来。
○ 彊し−強し。
○ 仁政−仁義に適う政治。梁恵王上篇にも既出。王者の政治。「仁政」と熟して使用したのは孟子が始めか。「王道」は『礼記』『書経』等にも出ている。
○ 旄倪−老人と子ども。旄は耄の意。
○ 止む−留め置く。
○ 置君−国王を擁立する。
○ 去之−燕国を去る。
○ 猶可及止−まだ諸侯の軍を防ぎ止めるのに間に合う(抑止することができる)だろう。斉は二年の後、燕の反乱に遭い、撤収した。(公孫丑下〔9〕参照。)

12
○ 鄒−騶とも書く。漢音「シウ(シュウ)」。「スウ」は慣用。春秋時代の邾(ちゅ)国。小国で爵位は子。孟子の故国。儒学(孔孟の学)を「鄒魯之学」ともいう。
○ 魯−周公旦の子伯禽が封ぜられた国。周の正系ながら小国で爵位は侯。孔子の故国。孟子の活躍した頃は、景公(在位前三四三〜三二三)、平公(在位前三二二〜三〇三)または文公〔緡公〕(在位前三〇二〜二八〇)の時代。
○ 穆公−伝未詳。この章の他、『新序』に「粃(しいな)一石粟(ぞく)二石」の逸話を伝える。三浦梅園『価原』に同逸話を引き、「一視同仁」の名君と称える。「今は上下交利を以て錙銖(ししゅ)を爭ふ程に、惡(あし)く心得たる人は政を執れる身にも商賈の術を以て國を治めんとする人もあり。乾沒(かんぼつ)と經濟と同じく利を求むる者なり。其差別、商賈は利を以て利とす、經濟は義を以て利とす。」(『価原』)。乾沒とは他人から物や利益を搾取すること。
○ 有司−役人。ここでは兵卒の隊長となった吏員を指す。
○ 莫之死−この者を命がけで助ける兵がいない。
○ 不可勝−〜しきれない。「勝(あ)げて〜すべからず」とも訓む。
○ 疾視−憎さげに見やる。いい気味だという目つき。
○ 溝壑−谷間。苦しみの極を喩えるという。あるいは、ここは溝渠・溝瀆の意か。死ぬべき場所でない所で死ぬ意。「自經於溝瀆。」(『論語』憲問)
○ 倉廩−穀物を納める蔵。倉は穀倉、廩は米蔵。
○ 府庫−文書や財宝を納める蔵。
○ 莫以告−国庫に余裕があるのに人民が凍餒している現状を君主に伝える官吏がいない。
○ 慢−怠る、弛む、驕る、疎か、肆(ほしいま)ま。
○ 殘ふ−害する、損なう、虐げる、滅ぼす、殺す。
○ 曾子−孔子の最晩年の弟子。孔門十哲の一人。孟子は曾子(前五〇五〜?)−子思(前四九二?〜四三一?)の系統に学んだといわれる。
○ 出乎爾者、反乎爾者−「出爾反爾」として『日中辞典』にあるようだが、今日では「言うこととやることが違う」というような別の意味に使われているという。大事な意味が消えたものである。
○ 尤む−咎める、罪科に問う。
○ 斯ち−「ここニ」とも訓むが、共に辞書に掲げる「すなはチ」で意味は通じる。

13
○ 滕−周文王の庶子を先祖とする小国。春秋時代に呉に滅ぼされた後、復興したというが、文公の次の元公の代に宋に滅ぼされた。文公は孟子に従って井田法を実施したという。孟子は斉の卿として仕えていた時に弔問使として滕を訪ねている。
○ 文公−前三二七〜?。太子の時に孟子の感化を受けた。(滕文公上〔1〕−〔2〕)孟子は同章句で農家の許行や墨家の夷之を斥け、文公に儒家の教えと実践を説いた。
○ 鑿斯池−城市の濠を深く掘削する。
○ 築斯城−城壁を高くする。
○ 可爲−死守を「なすべし」ではなく、君主として「治むべし」とした。

14
○ 薛−滕に隣接する小国。
○ 築く−城塞を築く。
○ 邠−豳に同じ。
○ 狄人−獯鬻か。同章句(3)を参照。
○ 岐山−陝西省の箭括嶺の古名というが未詳。
○ 垂統−子孫に後を継がせ、善政を後世に残す。
○ 爲可繼−子孫が後を継げるようにしておく。
○ 夫の−あの、例の。
○ 成功−仕事を成し遂げる。「告厥成功。」(『書経』禹貢)
○ 天−天命。人為ではどうにもしがたいこと。
○ 如彼何哉−あの斉国をどうすることもできないのだ。反語形。
○ 彊爲善−努力して善政を布く。(13)−(15)は一連の話として読める。圧倒的な大国に対しては、独立を賭けての徹底抗戦か、表は臣従して国力を蓄え、それが不可能なら権力の座を一旦手放すか、という二者択一に至るまでの議論。

15
○ 不得免−どうにも侵略を免れない。孟子はこの言葉から初めの議論に戻る。文王の器と天意がなければ、死守攻防しかない。滕国における善政は、どう結実しつつあると孟子は見たか。
○ 皮幣−獣皮と絹布。
○ 犬馬−家畜、肉畜の意か。
○ 耆老−長老。耆は六十代の老人、老は七十代の老人を指すという。その上は耋・耄。
○ 屬す−「あつム」とも訓むが、後事を託した意であろうからそのまま「しょくス」と訓む。
○ 所以養人者−人を養うためのもの。土地を指す。
○ 二三子−おまえたち、そなたたち。
○ 患ふ−心配する、不安に思う。
○ 梁山−前出「西水」(〔5〕)と同様、大王古公亶父は姜族の妻を連れ、梁山を越え、西水(漆水・沮水)に沿って岐山まで移住するという伝説。『詩経』「緜」には梁山の名はなく、大雅・蕩之什「韓奕」に「奕奕梁山、維禹甸之。(奕奕たる梁山、維れ禹之を甸〔をさ〕めたり。)」として夏禹が洪水を治め、田を拓いた地として韓の「梁山」が出る。奕奕は雄大な貌。
○ 邑−村、町、領地。町づくりをする。
○ 歸市−商売に出かける。衆人が先を争う喩えともいう。
○ 非身・・・−文王の為したようなことは、自分にはできない意か。土地を手放すことは一存ではできないとする解もあるが、孟子が滕文公をどう評価していたかに繋がるものとして前者に解した。朱熹の注には、「此國君死社稷之常法。傳所謂國滅君死之正也、正謂此也。(此れ國君社稷に死するの常法なり。傳に謂はゆる國滅びば君之に死するは正しきなりとは、正に此れを謂ふなり。)」「能如大王則避之、不能則謹守常法。蓋遷國以圖存者權也、守正而俟死者義也。審己量力、擇而處之可也。(能く大王の如くんば則ち之を避け、能はずんば則ち謹みて常法を守れ。蓋し國を遷して以て存せんことを圖るは權なり、正を守りて死を俟つは義なり。己を審かにして力を量り、擇びて之に處すれば可なり。)(朱熹『孟子集註』)とある。權は権道の意。

16
○ 魯平公−?〜前三〇三(在位前三二二〜三〇三)。
○ 嬖人−寵臣。近臣。嬖は寵愛する意。
○ 他日−以前、後日、今後。ここは以前の意。
○ 有司−係の役人。
○ 已駕−後出の孟子の弟子楽正子が魯侯に勧めて、恐らく臧倉等に聞こえないように計らったのだろう。孟子は自分から君侯にお目通りするという形をとらなかったので、お忍びになったという理由もあろう。孟子は当時斉の大夫として仕官していたという。
○ 敢へて−失礼を顧みず、思い切ってのニュアンス。
○ 何哉−どういうことか。後の「〜者」までは倒置。
○ 匹夫−身分も地位も無い者。孟子を見下した言い方。
○ 賢なり−優れた人物である。
○ 禮義−礼の道。
○ 由り−〜により従って。
○ 後喪−後の葬儀。これを問題にしているのは、父親でなく母親の葬儀であるということになる。「孟母三遷」「孟母断機」の逸話(『列女伝』)で名高い孟子の母である。前喪は父親の葬儀となり、まだ仕官していなかった頃であったらしい。父母の名は伝わっていない。
○ 踰ゆ−程度を過ぎる。盛儀が行われたこと。
○ 諾−わかった、承知した。
○ 樂正子−孟子の弟子。名克、楽正は姓である。魯の執政だったという。
○ 奚爲れぞ−何爲・胡爲なども同じ。どうして〜か。
○ 孟軻−軻が孟子の名であることが分かる。
○ 是を以て−こういうわけで。接続詞。「以是」は「これをもって」と訓む。指示性が強く表れる。
○ 三鼎・五鼎−祭祀の際、供え物を入れて出す鼎の数。士は三つ、大夫は五つという。
○ 棺椁−棺槨。棺は内側のものをいい、椁(槨)は外側のものをいう。「鯉也死、有棺而無椁。」(『論語』先進)
○ 衣衾−衣服と夜具。
○ 貧富不同也−前喪の時は仕官していなかったので貧しかったから華やかにできなかったのだ。
○ 爲に−楽正子の進言によって。
○ 沮む−阻む。
○ 或り−有り。
○ 尼む−止む。
○ 臧氏之子−蔑称。
○ 天−天命。「聖賢之出處、關時運之盛衰。乃天命之所爲、非人力之可及。」(朱熹『論語集註』)
○ 焉くんぞ〜哉−安・悪・烏・寧(〜也・哉)なども同じ。どうして〜か。いや、決して〜ないのだ。反語形。


(本文はtaiju生作「漢文エディタ」原文よりHTMLに変換したものである。原文は後日利用の便を考えて、このファイルに含めてある。又、上下のコラムを連動させるスクリプトも入っている。)